現在 (2020年3月15日) は全ての診療をオンラインにて行っております。詳細はこちらから

Tatsuya Arakawa

Licensed Marriageg & Family Therapist

カリフォルニア州公認心理カウンセラー (MFT #82425)

カリフォルニア州公認心理カウンセラーの荒川龍也です。専門は子どもとその家族、不安、そしてうつ病です。カウンセリングを通じて、カリフォルニアそして日本在住の皆様のお力添えをさせて頂きたいと思います。

Appointments

日本在住の方もお気軽にお問い合わせ下さい

カリフォルニア州内だけでなく、日本在住の方もオンラインカウンセリングを受けて頂く事が可能です。アメリカで最先端の心理学を大学院で学び、カリフォルニア州公認のカウンセラーの資格を取得した荒川が、子供とその家族、不安、うつ病など様々な問題のカウンセリングを致します。(サービス一覧はこちら) もちろんカウンセリングは日本語で行います。お気軽にお問い合わせ下さい

* なぜアメリカの資格を持つ心理カウンセラーからカウンセリングを受けた方が良いかに関しましては、こちらをご覧ください

* 日本でずっと医師から治療を受けているけど改善されないという方は、こちらをご覧ください

* 日本でずっと心理カウンセラーから 治療を受けているけど改善されないという方は、こちらをご覧ください

* 子どもが、日本でずっと心理カウンセリングを受けているけど改善されない方は、こちらをご覧ください

* オンラインカウンセリングが心配な方は、こちらをご覧ください

プロフィール & 心理カウンセラーになるまでのストーリー

Tatsuya Arakawa LMFT

私の子ども時代は決して簡単なものではありませんでした。小学校4年生から3年連続で親友が3人も引っ越してしまい、小学校4年生の頃にイジメられた事もあり、その頃からうつ病を患い始めます。中学になると学校にいけない日もあったり、親や先生にかなりひどい反抗的な態度を取るようになりました。高校1年の16歳の時に高校を中退します。真っ暗闇な部屋に永久に一人ぼっちにされたような気がしました。将来どうなるかわからない焦りや不安。生きる意味すら分からず、暗くて小さな部屋に一人うずくまり続けました。もう自分がどうなってしまってもいいとすら思いました。
しかし、運よく素晴らしい心理カウンセラーに会う事ができ、18歳で夜間高校に入り直し、無事卒業。話を聞いてもらうことで、真っ暗闇の中に一筋の光を灯してくれるカウンセリングの力に魅了されました。日本かアメリカ、どちらで学ぶかを迷っている時に、大学院の教授が「日本はアメリカに比べて100年遅れているからアメリカに行きなさい」と後押ししてもらい、渡米。大学院でカウンセリングの修士号を取得し、3,000時間以上のインターンを経験した後、カリフォルニア州公認カウンセラーの資格を取得。
現在は、私のように心の問題で苦しんだ人、特に子どもとその親御さんを一人でも多く救いたい、そういう思いで日々励んでおります。

オンラインカウンセリング (遠隔診療)

メリット

  • いつでもどこでもネット環境があればオンラインカウンセリングが受けられる
  • 対面でのカウンセリングと同等の効果が得られると研究により証明されている
    研究結果に関しては、こちらをご覧ください
  • オフィスに来なくても、車が運転できなくても受けられる
  • オフィスに来なくてもいいので時間の節約になる
  • 慣れた場所でリラックスして受けられる
  • 守秘義務が守られている

デメリット

  • 面談で感じるカウンセラーとの「繋がり」をオンラインでは感じにくい
  • パソコン・携帯の操作が苦手でも、しなくてはいけない
  • カリフォルニア州もしくは日本にいないと受けられない
    (カリフォルニア州公認心理カウンセラーから心理カウンセリングを受ける場合)

しかし

  • 面談と同じくらい「繋がり」を感じるお手伝いができるように、私はトレーニングを受けております
  • パソコン・携帯の操作が苦手でも簡単に受けられるツールを使っております

当オフィスではこちらの遠隔診療プログラムを使用しています

オンラインカウンセリング オンラインカウンセリング

カウンセリングの効果は?

私のカウンセリングを受けて頂くと期待できる、効果は以下の通りです。

  • 毎日どんよりした気分だったのが、明るい気分に戻ることができた。
  • 寝付けなかったり途中で起きてしまう日々が続いていたが、前のようにぐっすり寝れるようになった。
  • 今までカウンセリングを受けたことが無く、薬だけに頼っていたが効果が持続しなった。
    しかし、カウンセリングを受けることで、効果が持続し薬を飲まなくてもよくなった。
  • 仕事も手につかない状況が続いていたが、仕事復帰することができた。
  • 理由もわからず泣いてしまう事が多かったが、泣くこともなくなった。
  • 食欲がなくなっていたが、以前のように食べられるようになった。
  • 最悪の事態ばかりを考えてしまいがちであったが、そうでもなくなった。
  • 毎日イライラする日々が続いていたが、あまりイライラしなくなった。
  • 誰とも会う気力がなく、家に引きこもりがちになり人と会うのも怖くなっていたが、
    以前の様に人と接することができるようになった。
  • 何事も考えすぎてしまうことが多かったが、そうでもなくなった。
  • 飛行機や車に乗ることができなかったが、乗れるようになった。
カウンセリングの効果

お子さんへのカウンセリングの効果は、以下の通りです。

  • 毎日親の言うことを聞くようになった。
  • 反抗的な態度が激減した。
  • 暴言を吐かなくなった。
  • 暴力行為がなくなった。
  • 成績が良くなった。
  • 親ともっと話すようになってくれた。
  • あまりイライラしなくなった。
  • 怒ったり、キレたりしなくなった。
  • 宿題などに集中できるようになった。
お子さんへのカウンセリング
お子さんへのカウンセリング

対応症状例

ご自身のお悩み

  • うつ病
  • 不安症
  • パニック障害
  • 自殺願望
  • PTSD
  • 脅迫観念症
  • 異文化問題
  • 心配性
  • 対人恐怖症
  • 自傷行為
  • トラウマ
  • ADHD
  • アダルトチルドレン
  • 喪失体験

お子様のお悩み

  • お子様の左記症状
  • いじめ
  • 登校拒否
  • アンガーマネジメント
  • 反抗的態度
  • しつけ

※状況に応じてご家族へのカウンセリングも行います

コラム

大事な人やモノを失ったときに経験する5つのステージ

大事な人やモノを失ったときに経験する5つのステージ

大坂なおみさんへのバッシングからわかる、日本のメンタルヘルスとその病に対する理解の低さ

大坂なおみさんへのバッシングからわかる、日本のメンタルヘルスとその病に対する理解の低さ

大坂なおみさんへのバッシングからわかる、日本のメンタルヘルスとその病に対する理解の低さ

大坂なおみさんへのバッシングからわかる、日本のメンタルヘルスとその病に対する理解の低さ

自分を大切にするためにできる4つのセルフケア

自分を大切にするためにできる4つのセルフケア

診療までの流れ

1. お問い合わせ

些細なことでも結構ですので、
疑問点などありましたら、
お気軽に電話 (424) 254-8823もしくは
メールにてお問い合わせください。

2. 無料コンサルテーション

30分無料コンサルテーション。
お電話にてお悩みを伺いカウンセリングでお力になれるのかを判断させて頂きます。

3. カウンセリング

カウンセリングが合うと判断された場合は、セッションの御予約 → カウンセリングに移ります。