Testimonials

クライアント様の声

荒川龍也 LMFT 米CA州公認心理カウンセラー > クライアント様の声 > お子様の心の病が改善した親御さんの声 > 不登校やいじめで悩んでいるご両親、教師や塾講師、会社の経営者におすすめ。

10代のお子様をお持ちのお母様に、クライアント様の声を頂きました。

カウンセリングを受ける前はどのようなお悩みで困っていましたか?

①集中力が続かない、忘れ物が多い、学習意欲に欠ける、反抗的な態度といった息子の問題
②私たち親の子供への接し方について。暴言と威圧的な態度が出てしまう
③息子が原因での夫婦間の問題。夫の私への暴言と威圧的な態度
→自殺を真剣に考えていた時期がありました。

カウンセリングを受けて、どう向上しましたか?

なぜ、息子はこのような行動をとってしまうのかを考え、どのような対応をしたら息子が感じるストレスを軽減、払拭してあげることができるのかを一呼吸置いて考えられるようになりました。
暴言や威圧的な態度は、何も解決してはくれませんし、状況を悪化させるだけの方法であることも学びました。
息子をこれまで以上に愛しているという気持ちを素直に伝えてあげることや、息子の言動に対して私自身が感じていることや感情を伝えることを日々の生活の中で実践することで、息子に安心感を与えることも痛感しました。
夫自身も、変わろうと努力している姿勢を感じることができました。
夫の私への暴言や、威圧的な態度も軽減していき、最終的にはなくなりました。

カウンセリングに対して、受ける前と受け終わってからの印象の違いを教えてください。

以前、お願いしたカウンセラーは、詳細や状況をよく把握しないまま心をざわつかせるような発言で不安を仰いだり、状況の改善には程遠い発言をしたため、息子も、私たち親も傷ついたという経験がありました。状況を改善したいのに、それができなかった、むしろ不安だけが大きくなった経験から、新たにカウンセリングを受ける、という事は私にとっては、勇気のいるものでしたし、家族もカウンセリングに応じてくれる確信も持てずにいました。
縁あって、息子が幼少期に大変お世話になった信頼の置ける純代先生のお知り合いということもあり、荒川先生を知ることができたのは、本当に幸運だったと思っています。

セッションを終えるたびに、大きな気づきと、改善すべき点が明確になり、カウンセリングにより、親子関係だけでなく、夫婦の関係、仕事関係、友人関係においても応用し改善できる点は多かったと感じます。

カウンセラーのどういう所が良かったですか?

①些細な発言も拾ってくださり、明確に指摘し、改善ポイントをくださったこと。
②不安視していた息子が発達障害なのでは、という心配に対して明確な診断をしてくださったこと。
③悲観的な発言がなかったこと。
④問題視するべき点を明確にしてくださったこと。
⑤状況によって今、何が必要で何をすべきなのかを的確にアドバイスしてくださった事。
⑥息子の気持ちに親しみやすく対応してくださった事。
⑦言葉にできない気持ちも汲み取ってくださったこと。
⑧安心感を持って相談できたこと。
⑨私たちの変化も褒めてくださったこと。
⑩悩みを解決に導いてくださり、解決できたこと。

どういう人にお勧めしたいですか ?

①子供の不登校や、いじめで悩まれているご両親
→必ず改善策が見えてくると思います!

②子供に教える立場の仕事に携わっている教師や塾講師
→絶対に必要だし、受けて頂きたいと強く思います。

③会社の経営者
→人材育成のためにもおすすめですが、自身の欠落している部分が見えてくることで社員とのより良い関係性が築いて行けると思います。


アダルトチルドレンに関しての無料メールマガジンを発行しています