Testimonials

クライアント様の声

荒川龍也 LMFT 米CA州公認心理カウンセラー > クライアント様の声 > お子様の心の病が改善した親御さんの声 > どこの家庭でもありそうな問題であっても、もし改善を望むなら、カウンセリングをおすすめします。

小学校低学年のお子様をお持ちの親御さんに、クライアント様の声を頂きました。

カウンセリングを受ける前はどのようなお悩みで困っていましたか?

子供の問題行動に困っていました。普段は特に問題はなかったのですが、例えば、朝、何となく不機嫌で学校に行きたくないといった場面で、大声で叫び始めたり、ときには子どもが暴力をふるったりすることがありました。

カウンセリングを受けて、どう向上しましたか?

問題行動はなくなりました。本人に嫌なことがあったときでも、落ち着いて理由を話したり、決められたことはきちんとするようになりました。

カウンセリングに対して、受ける前と受け終わってからの印象の違いを教えてください。

正直、オンラインのカウンセリングでどれだけのことができるのかと疑問を感じていましたが、全く問題なく、効果はてきめんでした。

カウンセラーのどういう所が良かったですか?

先生が子供に対して、指導をするのではなく、私達夫婦にどういうふうに躾けていけばいいのかと教えてもらえたことがとても良かったです。よく言われる「魚を与えるのではなく、魚のとり方を教える」といった手法でしたので、今後も自信を持って子育てに望めると感じています。

どういう人にお勧めしたいですか ?

特に「こういう人」と対象を絞って、ハードルを上げる必要はなく、多くの人が気軽にカウンセリングを受けたほうがいいと思います。例えば、子供がYoutubeばかり見て、あまり勉強をしないとか、どこの家庭でもありそうな問題であっても、もし改善を望むなら、カウンセリングをおすすめします。