Blog

カリフォルニア州公認カウンセラーのブログ

長年に渡る経験に基づく意見や
メンタルヘルスについて日々考えることを綴ります。

荒川龍也 LMFT 米CA州公認心理カウンセラー > blog > アダルトチルドレン > 生き急いでしまうアダルトチルドレン

生き急いでしまうアダルトチルドレン

こんにちは。カリフォルニア州公認心理カウンセラー&アダルトチルドレン専門心理カウンセラーの荒川龍也です。

今回のブログでは、アダルトチルドレンの方の一番の苦しみの一つについてお話いたします。

アダルトチルドレンがアダルトチルドレンになってしまった最大の理由が毒親です。では、毒親が何をしてしまったから、アダルトチルドレンになってしまったのか。その一つが、子どもをありのままに受け入れないという行為です。「○○をしていなければいけない」「□□してはいけない」などなど、子どもを条件付きで愛することです。もちろん、子どもを正しい道に導いてあげる事が親の責任でもあります。それと同時に、例え子どもの言動を正していても、親は子どもを愛しているという事を子どもに理解させてあげなくてはいけません。しかし、毒親は自分の事で精一杯過ぎるがゆえに、そもそも子どもに対しての愛情よりも自分の事の方が勝ってしまうのです。「子どもを立派な大人にしなければ、私はダメな人間」などが毒親が良く自分に課すことです。こういったことを気にし過ぎるがゆえに、目の前の大事な子どもに対しての愛情表現すらできなくなってしまうのです。

このような毒親に育てられた子どもは、幼少期に「○○でないといけない」というメッセージを受け続けます。よって、安心を感じられるべき家の中ですらも、常に緊張状態でいなくてはいけないのです。これが当たり前として大人になっていきます。その結果として、多くのアダルトチルドレンがゆっくり生きる事が苦手だったり、とにかく何か生産的な事をしていないといけない気がしたり、無駄や非生産性を非常に嫌ったりします。それは全て、子どものときに毒親から受けたメッセージが原因なのです。

こういった特徴のあるアダルトチルドレンの方の場合、「何かを楽しむ」「今この瞬間を生きる」といったことが非常に苦手です。生き急ぐことしかしらない大人になってしまっているのです。

しかし、大人になった今、毒親の言うとおりに生きる必要はないのです。だらだら過ごす日があってもいいのです。毎日、毎瞬間を生産的にできなくてもそれでいいのです。人間は完璧ではないのですから。

このような問題を解決されたいという方は、メルマガオンラインコースカウンセリングをご検討されてみてください。もっと具体的に何ができるかをお教えでき、きっとお力になれる事と思います。

 

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
アダルトチルドレンの方のために、メールマガジンをご用意しております。

詳しくはこちらをご覧ください。

今ならご登録して頂いた方に

動画講座「アダルトチルドレンチェックリストと生きづらさ緩和のための気を付けるべき5つの事」を無料プレゼント!

7日間メール講座「アダルトチルドレン脱却に欠かせない正しい自己理解」を無料プレゼント!

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

アダルトチルドレン専門の心理カウンセラーとして、多くの方に心理カウンセリングを提供していく中、多くの方から「生きづらさ」について御相談頂いている事がわかりました。しかし、日本の心理学の大幅な遅れが原因で間違った情報がインターネットやSNSであたかも正しいかのように扱われ、それが原因で「生きづらさ」がさらに悪化してしまっている方も非常に多く見受けられます。

そういった方のために、心理学先進国である米国の大学院を卒業し、その後も正しい心理学のトレーニングを受け続けている私の心理カウンセリングで「生きづらさ」を緩和させて頂く事が出来ます。しかし、経済的な理由など様々な事情により心理カウンセリングを受けられない方が多くいらっしゃる事にも気づきました。よって、この度、そのような心理カウンセリングを受けたくても受けられない方のために、米国流アダルトチルドレン脱却法というオンラインコースを作成いたしました。

詳しくはこちらをご覧ください。

 

生きづらさの緩和のお手伝いをさせて頂ければ幸いです。

 


 

アダルトチルドレンに関しての無料メールマガジンを発行しています。

今なら『アダルトチルドレン チェックリストと生きづらさの緩和のために気を付けるべき5つの事』について解説したビデオと登録者限定の7⽇間メール講座『アダルトチルドレン脱却に⽋かせない正しい⾃⼰理解』を無料プレゼント!