dsc_8055

 

荒川龍也, LMFT, カウンセリングルームへようこそ

こんにちは。カリフォルニア州公認マリッジ&ファミリーセラピスト(カウンセラー)の荒川です。カウンセリングを通じて、南カリフォルニアに住む日本人の皆様のお力添えをさせて頂きたいと思います。

はじめに

カウンセリングとは

このページを見て下さっているという事は、小さなことであれ、大きなことであれ、きっと何かに悩んでいるのではないでしょうか。毎日同じ悩みに苦しめられ、どうにかしたいし、どうにかしなくてはいけないとわかっているのに、どうしていいかわからないし、どうにもできない。友人に相談しても何か聞いてもらえた気がしないし、アドバイスをもらってもそれを実行しない自分がいて、余計に自責の念に駆られる。それでも悩みが消えることはないどころか、どんどん悪化している気さえする。

こういった大きな壁にぶつかった時、人は二つの選択に迫られます。立ち止まり続けるか、立ち向かうか。

カウンセリングとは、そんなあなたに手を差し伸べ、大きな壁に立ち向かい、乗り越え、あなたの成長を助けるための場所です。乗り越え方は人それぞれ。真正面から立ち向かっていってもいいでしょう。ちょっと遠回りしてみてもいいかもしれません。乗り越えるのではなく、裏道を探してみたり、壁に穴を掘ってみてもいいでしょう。どんな方法であれ、一緒に立ち向かっていきましょう。

以下はカウンセリングについてよくある質問です。

友人に相談するのと何が違うのか

友人に相談すると大概の場合、いくつかのパターンで終わります。

1 聞いてもらった気がしない。

2 相談された友人の方が自分の経験を話して、自分が聞く側になって終わる。

3 的外れなアドバイスをされる。

これでは何も解決しません。カウンセラーは話を聴くプロです。そのために何千時間ものトレーニングを受けています。今も受け続けています。決してカウンセラーが話し続けるという事はありません。話をじっくりと聴いて、悩みの奥底に潜む、根柢の原因を探ります。基本的にアドバイスはしません。

良くなるには薬が必要なのか

症状によりますが、基本的に薬を使わなくてもカウンセリングで対処する方法はたくさんあります。昔からメンタルヘルスに関して、日本人は薬に頼り、カウンセリングをないがしろにしがちですが、薬を何十年も飲み続けても症状が一向に良くならない例を私は何十件も診てきました。また、薬は対処療法にしかすぎず、根本の壁(悩み)の原因を解決しない限りは、壁を乗り越えたとは言い難いでしょう。しかし、薬を飲まなくても、カウンセリングのみで症状が改善された例も数多くあります。さらに、薬の服用による副作用で苦しまなければならない可能性もあります。まずは薬ではなく、カウンセリングからはじめてみてはいかがでしょうか。

カウンセリングはうつ病に苦しむ人だけのものなのか

決してそんなことはありません。私は今まで、うつ病以外にも、不安、心配性、トラウマ、引きこもり、青年期問題、いじめ、夫婦問題、子育て、家族問題などなど、たくさんのケースを診てきました。また、カウンセリングとはクライアント様の成長を助けるための場所ですので、特に悩みがなくても、自らが成長したいからという理由でカウンセラーに会いに来て下さる方もいます。カウンセラーに会いたいという意思がある限り、いつでもご連絡お待ちしております。

守秘義務はあるのか

ご安心ください。カウンセリングルームで話されたことは守秘義務により守られておりますので、一切他言されません(例外がいくつかありますが、それに関しては初回コンサルテーション時にお伝えいたします)。

カウンセラーは心が読めるのか

カウンセラーも同じ人間ですので、心は読めません。

心が読まれているという風に感じるのは、カウンセラーがしっかり話を聴いているからです。何を感じ考えているのかを聴き、理解し、それを理解したとクライアント様に伝えることがプロの話の聴き方です。

何回通えば良くなるのか

全てはカウンセリングを通して何を得たいかによります。最初の数回のセッションで決めたゴールを達成できたら通わなくてもよいと考えるクライアント様もいれば、最初に決めたゴールを達成したら、他のゴールに向けて頑張りたくなったので通い続けているというクライアント様もいらっしゃいます。

 

頻度はどれくらいか

一週間に一度が一般的です。

保険は使えるか

お支払いはキャッシュ、チェック、クレジットカードのみとなっております。保険によっては一部返金される場合もあります。保険会社にお問い合わせください。

過去の相談例は

うつ病、心配性、不安、PTSD,ADHD、LGBTQ、強迫観念症、反抗期、登校拒否、対人恐怖症、パニック障害、夫婦問題、家族問題、環境適応問題、異文化問題、しつけ、いじめ、喪失体験などなど、多岐にわたります。

 

まずは、気軽に御連絡ください。

サービス内容と料金に関しては、こちらをご覧ください。

投稿日:2016年11月22日 更新日:

執筆者: